おしらせ遅くなってすいません。。

 

 

急なことで取り込んでおります。お知らせが大変遅れて
申し訳ありません。落ち着くまで、尚しばらくブログの
更新をお休みさせていただきますが、どうぞご容赦くだ
さいますようお願いいたします。<m(__)m> <m(__)m>

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村★”応援クリックお願いします

えり子ちゃん人気

小学校3年生になったばかりの新学期、4月8日だった
と思う。
始業式が終わって教室にいると、先生が新しい
お友だちを連れて来た。遠くからの転校生だという女子
は、○○○えり子さん。氏名を板書している先生の脇に
真っ直ぐ立ち、落ち着いてクラスみんなに相い対してい
た。標準語と違うイントネー
ションで話す自己紹介も、
少しユーモラスで、とても素晴らしかった。     

私は一目で惹きつけられた。可愛い、何だかいいなぁ。

同じように感じたクラスメートが他にも沢山いたと分か
ったのは、翌日のクラス委員選出の時だった。なんと、
圧倒的人気でえり子ちゃんが選ばれてしまったのだ。 

(えっ。転校生にクラス委員をさせるの??)と驚きつ
つ、えり子ちゃんが一瞬にして人気者になっていた事、
つまり、私が
抱いた好感情は大勢に共通していたという
現象を、初めて体験した。             

今思えば、これが、群れ(群衆)心理というものだった。

そのまた翌日、担任の先生がこの選挙結果を取り消し、
クラス委員には非転校生が選ばれた。どうなることかと
心配していた私も密かに胸をなでおろした。     

ほどもなく、友だちのお蔭で私もえり子ちゃんの友人の
一人となった。彼女は穏やかで暖かく、オノマトペ豊富
な会話が楽しくて、真に
気持ちよい魅力的な女の子だっ
た。幸せをくれる人だった。神さまがいて、私のような
取るに足りない存在にも良きものをくださる──と思え
る経験の一つだった。               

えり子ちゃんは、2年ほどで再び転校して行った。いわ
ゆる転勤族だったらしい。事前に知らされる事はなく、
お別れの挨拶も交わせない突然の転出だったっけ。  

彼女は、元気でいるだろうか。。          

それにしても、衆愚選挙というものは恐ろしい。転校生
を選ぶという間違いをしたのは学習途上の小3児童らで
あれば、
これはヨシとしよう。でも、オトナの有権者の
面々は、やはり、ナントカ劇場の観衆などに成り下がっ
てはいけませぬよ。はい、自戒しませう。      

写真はいずれもクララです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村★”応援クリックお願いします

 

恐怖はエネルギー(合言葉とシナリオ2)

 

 

メダル獲得数が過去最高だったリオ五輪、よかった〜♪ですよねー
この目覚ましさの理由は何?って思いませんでしたか。因果関係
に思いを巡らすのは、収穫(喜び)を全部消費せず、次にまく種を
拾い分けておくのに似ています。ちょい振り返っておきませう。

私が理由の真っ先に挙げたいのは、選手のメンタルの進化です。

例えば、鮮やかに銀メダルを獲ってくれた陸上男子400mリレー
の選手たち、決勝レース直後のコメントで「アドレナリンが出て
走りました(飯塚選手)」「僕も興奮して〜 (
桐生選手)」と語って
いましたね。これは、どどっと分泌されたアドレナリンを、オレ
たちは目的通りに使ったゾという意味です。アドレナリンを恐怖
(緊張)の材料としなかったのです。             

『恐怖はエネルギー』と題してきたメッセージに、どんぴしゃな
レスが返ってきたかのようで、とても嬉しい若人の姿でした。 

長らく、オリンピックには魔物がいると囁かれてきたれど、今、
アスリートたちは魔物の正体を名指したのです。       

魔物=プレッシャー(自分の心の内にあるもの)
名指せば魔物は失せます、トム・チット・トットと同じように…!
& 名指す=意識化という行為こそが、人間脳の仕事なのでした。

体操個人総合で連覇を飾った内村選手は、リオ大会の前に「魔物
は自分の中にいる」と語ったそうです。さすが、体操界の王者!

内村選手のように問題の内在化ができた者から順に、階段を上っ
て行くのだとも思いました。                

(アスリートは特別さ)とうそぶいてないで、私たちも身の回り
の恐怖問題に取っかかってみるか? って、この際だから、
最も
普遍的な問題であるイジメ
対策想定シナリオ描いてみました。 

イジメられる恐怖は、他者から否定される恐怖でしかないのに対
し、イジメっ子心理は、自己問題の外在化の最たる物なので、そ
の駄々っ子的な未熟さに気づかせるようにします。      

******
想定は、態度素振り(近寄ってきてサッと置き去りにする、プイッ😾と顔を
背けるetc.)
でイジメてくるような場合。相手が相変わらずだと確認
したら、こちらからアクションす
る。            

こちら 「まだ、そんなことしているの ?  」
あちら  ー テキトーな事を言い返してくる ー
こちら 「相変わらすだね」or「進歩ないね」
あちら  ー とぼけようとする  etc.etc.  ー
こちら 「やっぱり同じだ」と相手の目を見る
※ここで相手が逃げ出さないなら、こちらから先
 に立ち去り、相手の胸に言葉が残るようにする

******

差別にリベンジするには、とても勇気が要ります。怖い気持ちが
よみがえり、逃げたくなるはずです。だから、こんなフレーズを
合言葉のように思い出して活用してください。        


・ 動物レベルの群れ行動に参入せず、私は人としてふるまうのだ
・ もう一人の私を呼び出して、ありのままを客観視→受容する
・「『怖い』という感情は、私の一部分でしかない」と思い出す
・心がぶれる感じがしたら、自分のセンター(=中心)に戻ろう
などなど                              

ぶつぶつ呟くセルフトークを用意しておくのもいいですね。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村★”応援クリックお願いします

写真はサムライオーキッドこと、富貴蘭『金広錦』でした

◆心のエネルギーシリーズ◇バックナンバー◆

2014.5.26 責任はエネルギー           
2014.6.16 共感はエネルギー         
2016.7. 7  恐怖はエネルギー(勇気の素顔)     
2016.7.17 恐怖はエネルギー(要注意使用法)    
2016.8.17 恐怖はエネルギー(合言葉とシナリオ1)  
2016. .    恐怖はエネルギー(キラーストレスにしないために)

 

恐怖はエネルギー(合言葉とシナリオ1)

 

先月(7/7, 7/17)からの恐怖に関する話の続きです。
最初に、これまでのまとめです。        

アドレナリンコルチゾ-ル (恐怖,ストレスホルモン) 
を、しっかり勇気行動の原動力にするには、古い脳
の興奮が産み出すエネルギーを野放しにせず、必ず
新しい脳 (人間の脳、特に前頭葉)も使い、意識的に
理性を使って対応する  ──これが肝要でした。

で、今回は実際に使えるヒントを集めてみます。 

古い脳=無意識  新しい脳=顕在意識

という対応関係ですから、無意識・無自覚な自分を
チャキッとさせるスイッチを押せば良いわけです。

手っ取り早いのは、言葉による意識化 (略して言語化
とします)でしょう。そこで、意識切り替えスイッチ
となる合言葉を探すことにしました。以下は、、 

以前、ゆうさんから頂戴したヒント「死を意識」を
キーワードに集めたものです
。         

メメントモリ(死を思え)  ──ラテン語警句
・(武士道とは)死ぬことと見つけたり ──葉隠
・ 常在戦場          ──長岡藩藩是
・ Risk is our business. 危険はオレたち仕事さ
──映画『スタートレック』カーク船長

本当は別な意味で使われてたりしますが、自分なり
カスタマイズで、合言葉〜スイッチワードとして役
立てられるのではないでしょうか。いや、待てよ…
自分自身のセリフを使えば、もっといいのでは‥!

まあ、雰囲気が伝わるよう、上の列挙は、このまま
残しておきますね。参考までに^^            

*.****.***.****.****.***.

合言葉に加え、シナリオ+シミュレーションを用意
しておくことも考えます。ここに書くのは、究極の
想定ですが、、。               

3年くらい前、米領グアムで、身を挺して子どもを
守り、ナイフで殺傷された日本人のお母さんがあら
れました。加害者(当時21歳)は飲酒
ドラッグで躁状
態、いわゆる無差別事件ですが、ざわざわっっと、
総毛立ちました。
               

(自分だったら、どうする?)と、自問します。 

(腕の一本、足の一本、くれてやれ)      

(えっ?)                  

天から降ってきたセリフにたじろぎつつ、次の瞬間
(う、そうだな、、)と頷いていました。
時代小説
(剣豪もの)によく出てくるこのセリフの合理性をハタ
と理解したのです。左腕を盾として差し出して受け
たれば、
ナイフは勢いを失うはず。これで止まらん
となると次は右腕か足もか…などと最悪シナリオも
浮かびます
が、運よく助かる可能性も出てきます。
どうせ死ぬなら、最後のチャレンジをして死のう。

(どうせ死ぬのなら・・・)

きっと、このセリフを思い出し、覚悟しよう。。。
ひょっとして小説モードに入りすぎ?^^;回
覚悟すると、、、なぜか心が静かになりました。 

幸い、このシナリオを使う場面には出会っておりま
せん。ふつうの日々に感謝しております。それとと
もに、事件被害者の方々のお冥福とご遺族の未来に
幸あらんことを心からお祈りいたします。m(__)m

写真は、サムライオーキッドこと風蘭(富貴蘭)です

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村★”応援クリックお願いします

さて、
私たちが恐怖を抱くのは、命に関わる場合だけでは
ありませんね。次回、この辺りをフォーカスです。

◆心のエネルギーシリーズ◇バックナンバー◆
2014.5.26 責任はエネルギー       
2014.6.16 共感はエネルギー       
2016.7. 7  恐怖はエネルギー(勇気の素顔) 
2016.7.17 恐怖はエネルギー(要注意使用法)

守り過ぎ損益(&社内留保)

 

企業が、何かの時のために利益の一部を蓄積しておく
社内留保(内部留保)の割合が、日本企業の場合とても
高いと言う。                  

一個人の感覚では、「たくわえは多い方が良い」と思
うのだ
が、経済全体を見渡せる人々の考えは違うらし
い。                      

1…利益を事業拡充に当てず、貯め込むよりも、
配当にして
株主(※その多くが投資家である)還元した方
が良い。彼らは賢く別の投資先を見つけ、もっと
よりよく経済を回転させるだろう。
      

2…あるいは、賃金・給料を上げて、もっと従業
員に還元する。彼らの消費行動は、経済の好循環
生むだろう。       ───などである。

なるほど。一理も二理もある。但し、このように、

市場(しじょう)を好ましい姿に維持するには、参加者そ
れぞれが良心と節度を持っていなくてはならない。
だれでもフェアに取引できる確証が欲しいものだ。
現状は嘆かわしい…  アコギなやついるど〜         

1 が実現するよう、性善説を土台に経済教育を推進
しよう‼︎ と言う気運になることを心から願う。そう
すれば、過剰に防衛しねば居られない萎縮モードから
脱け出し、見えざる手が機能する良い経済システムに近づ
くだろう。全体の幸せが個人の幸せなのだから。  

2 の方は、今のままでもまあ機能しそうかな ?      

 

まずは、ありがちなパターンとして、

[守り]が行き過ぎるとヘンテコな事になると心したい。
四字熟語なら「本末転倒」
生きているのに、生きようとしない転倒だ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村★”応援クリックお願いします

ってことで…

この過剰な留保パターン、個人の場合も同じよねっ。
適正な自己防衛は大事なれど、己を守りたい心が強す
ぎる
と、何かにつけネガティブに受け取りがちになっ
てしまいます。← いわゆる認知の歪みです             

警戒心や猜疑心のあまり、自らの命の炎を弱らしめち
ゃうなんて、勿体ないもったいない。       

♪ 死ぬ(傷つく)のを恐れて 生きることが出来ない
これ、ジブリアニメの歌詞だったかな‥
元々の歌は英語の『The Rose』でした